マインドマップ 書き方 セミナー


【受賞作】マインドマップ読書キャンペーン

特集 読書週間(2011春)のマインドマップ


マインドマップ ↑↑クリックすると大きく表示されます

マインドマップ読書キャンペーンにたくさんのご応募を頂きまして、
誠にありがとうございました。
  
募集要項はこちら >> マインドマップ読書キャンペーン
  
大変お待たせをいたいました。
多数のご応募の中から、受賞作が決まりましたのでご紹介させていただきます。
  
  
※この「マインドマップ読書キャンペーン」の
選考・審査につきましては、マインドマップや絵の描き方のうまさではなく、
内容にどれだけ共感したかという、選考者の独断と偏見で
選ばせていただきました。
  
ですので、受賞作のマインドマップが、他と比較して客観的な優劣がある・・・
というわけではありませんので、どうぞご了承下さい。

 
 
 

【実行委員長賞】ペンネーム はるみかんさん (課題図書「終末のフール」より)


  
  

はるみかんさん (終末のフール)

↑↑クリックすると大きく表示されます
  
  
  

<ご本人のコメント>


  
初投稿から間隔が開いてしまいましたが、大好きな本がテーマなのでチャレンジしました。
 
恐怖の中心になるはずのものが、どこからどう見てもジャガイモに。。。
とっても平和なセントラルイメージになってしまいました。
 
 
色々な課題図書に、わくわくしました。
 
なかなか本を探せなくて1冊しか読めませんでしたが、次回も楽しみです。
  
  
  
  

<実行委員長の諸星さんからのコメント>


  
倉橋組の皆さまこんにちは。マインドマップ読書キャンペーン
実行委員長の諸星@サポートリーダーです。
 
3週間という短い期間に関わらず、課題図書の読書ならびに
マインドマップの投稿してくださってありがとうございます。
 
投稿されたマインドマップは楽しく拝見させていただきました。
自身も3作品応募したことからも、他の人との視点の違いや共感する点など
とても学びの多い経験となりました。
 
 
さて。その中でも、私の独断と偏見で選ばせていただいた
実行委員長賞は・・・、はるみかんさんの『終末のフール』に決定しました!
 
 
以下。受賞へのコメントです。はるみかんさん、おめでとうございます!
 
 

<実行委員長からはるみかんさんへ>


  
課題図書に挙げた『終末のフール』をはじめとして、
伊坂幸太郎さんの書く小説は
どれもシリアスなテーマのはずなのに、
なぜか読み終えた後に清々しい笑顔がこぼれていることに気づく。
 
この伊坂小説の感覚を作家・北方謙三さんは
「深刻なことをできるだけ軽く書く、という感性」
と表現し、それを「新鮮だ」とコメントした。
 
この伊坂小説にある“いい意味での軽さ”―、
 
実は、はるみかんさんのマインドマップを観終えたとき
そんな伊坂小説の魅力と同質の読後感が溢れ
自然と笑みがこぼれている自分に気づいた。
 
>恐怖の中心になるはずのものが、どこからどう見てもジャガイモに。。。
 
本人すらどこか可笑しく、でも「良し」とできる。
 
それはこの小説にある清々しい幸福が
セントラルイメージに表現されたと同時に、
 
マインドマップというツールにある
フレキシブルな発想を良しとできる“いい意味での軽さ”を、
はるみかんさんがポジティブに使いこなした素晴らしさでもある。
 
隕石とじゃがいも―。
まるでもう1つ物語ができてしまいそうな発想の種。
私自身、繰り返し読んできた小説に“新鮮”な種を植えてくれた
はるみかんさんからのマインドマップに、感謝を込めて
 
初夏のマインドマップ読書キャンペーン、実行委員長賞を贈ります。
  
はるみかんさんには、副賞といたしまして「margherita ペンスタンド」が贈られます。
margherita ペンスタンド
 
 
 

【倉橋賞】菱山さん (課題図書「アルケミスト 夢を旅した少年」より)


  
  

菱山さん (アルケミスト 夢を旅した少年)

↑↑クリックすると大きく表示されます
  
  
  

<ご本人のコメント>


  
アルケミストを読んで10歳の時の自分と10歳の時の息子に伝えたいこと
  
少年が夢に向かって歩いている様子を見て、宇宙が味方をしてくれる
神の存在を意識するようになりました。
  
  
  

<倉橋竜哉からのコメント>


  
  
良い本と出会うと、まるで本の中に自分が映しだされ、本を通じて自分自身と
対話をしているようなそんな感覚になることがあります。
 
菱山さんのマインドマップを見ると、おそらく「アルケミスト」という一冊の
本を通じて、自分自身とたくさん対話をされたのだろうな・・・ということが
伝わってきます。
 
過去の自分、未来の自分・・・いろんな自分が一枚の紙の上に集まって、
夢について、宝物について語り合っているような、そんな印象を感じます。
 
マインドマップに描かれた一つ一つの言葉の向こうに、たくさん想いが
詰まっているのがわかります。
 
 
このマインドマップを描くことで、過去から未来へ、そして未来から過去へ、
時間の流れを超越して、さまざまな角度から、そしてさまざまな次元からご自身の
ことを見つめ直すことが出来たのではないでしょうか?
 
素晴らしい一枚をありがとうございます。
 
  
  
  
おめでとうございます。
  
菱山さんには、副賞といたしまして「ステッドラー エルゴソフト アクェレル 水彩色鉛筆 12色セット」が贈られます。
ステッドラー エルゴソフト

  

<受賞に際して菱山さんからメッセージが届きました>


 
アルケミストを読んだ後、幸運の前兆を見逃さないように
今の瞬間を大切に過ごしています。
 
また、仕事に邁進している人などを見かけるとついつい
「宇宙が味方してくれるよ」などと声をかけてしまいます。
 
今年の4月4日から毎日ミニMMで日記を画いています。
 
フルMMは主に仕事で使っていますが企業秘密になるので投稿できないのです
(結構気に入った作品もあるので残念です・・・)。
 
今思えば、昨年4月頃に部下から紹介してもらった「天才のヒント」
との出会いが幸運の前兆だったのだと思います。
 
それがきっかけで倉橋さんに会ってみたくなり、昨年末のMM基礎講座
(現マスター講座)を受講しました。そしてシリウスに所属。
 
恐る恐るMMを投稿。そして召田さんを始めとするシリウスサポーターの
皆様や、メンバーの方からの暖かいコメントに励まされてMMに填る。
 
結果、自分が閉じ込めていた才能を少しずつ引き出せるようになったみたいです。
 
そして、なんか部下の才能も引き出せるようになった気がします。
 
そんな場を与えてくれた運命と倉橋さんと関係者の皆様に感謝です。
 
ありがとうございました。
 
 
菱山 康二 (ひしやま こうじ)
  
  
  
以上となります。
 
皆様からのたくさんのご応募に感謝です。
 
皆様からの応募はこちら(クリック)
 
また、当企画の運営をしていただいた諸星さん、
運営に携わってくれたサポートスタッフのメンバー、
ありがとうございました。
  
またやりましょう!
  
  
                      2011年7月20日
  
                      アイネスト株式会社
                      代表取締役 倉橋竜哉



投稿日:July 20, 2011
※当サイトの画像やテキストの無断転載・配信・配布はご遠慮下さい。

| 『【初投稿】代々木公園のイベントを書いてみました』 »

« KEIOさんより働く君に贈る25の言葉 |



マインドマップ セミナー


マインドマップ 無料
詳しい内容は↑こちらをクリック


最新の手描きマインドマップ投稿


マインドマップ
「2015年の抱負を描いてみませんか?」


 > 『初投稿です: 21日間チャレンジ1日目』
 > 『パワーアップ』
 > 『21日間チャレンジ 7日目』





あなたの「内なる天才」が目覚めると・・・

毎朝7時の生活習慣、もうはじめましたか?

1日1分を7日間続けるだけで、あなたの思考回路が劇的に変化します。

7日間続ければ「自分を変える力」が身につきます。

 ・天才の基礎力、思考法
 ・コミュニケーション
 ・継続する力
 ・生活習慣の改善
 ・学び方や教え方を身に付ける ・・・etc

もしまだスタートしていないのなら、今からはじめましょう。
今登録すれば、次の朝7時からスタートします。

一日一回、毎朝あなたのアタマに「天才の種」をまいてみませんか?

天才のヒント




[はてなブックマーク] はてなブックマーク [clip] livedoor クリップ Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク [RSS] RSS
My Yahoo!に追加 Add to Google ivedoorリーダーに登録 はてなRSSに追加

※当サイトの画像やテキストの無断転載はご遠慮下さい。